【日焼け止め】まだ間に合う紫外線対策!絶対焼かないベースメイク!-アトリエはるか監修ー

ビューティー

梅雨時の紫外線がいちばん強いって知ってました?【アトリエはるか監修】

◆大手ヘアメイクサロン「アトリエはるか」完全監修◆
「アトリエはるか」×「Joint Space」のコラボレーション企画。
ヘア・メイクアップ・ネイルのコンテンツを発信中◎

今回のテーマは「日焼け対策ベースメイク」

春から夏にむけて、どんどん日差しが強くなる季節。
気付いたら黒くなっていた!!なんてことも。夏本番よりも曇りの日こそご注意を。
梅雨時期も紫外線は出ています。今年こそ美白を目指して!

日焼け対策に気を抜きがちなこの時期だからこそ、改めて知っておきたい日焼け対策方法
さっそくプロに教わりましょう◎

モデルはJointSpacePRESSのchikaが務めます♪

「atelier haruka / アトリエはるか」
△施術の予約はこちらから△

プロのサービスが短時間でリーズナブルに
ヘアメイク・メイクアップ・ネイル専門店

ウエディングやパーティーのオケージョン、ちょっとしたお出かけ前に、
プロのアーティストの技術で、手軽に綺麗に変身が叶うサロンを全国各地に展開中。
お客様のご要望をお伺いしながら、新しい魅力をご提案いたします。

Instagram

How To

1.軽めで焼かないベースが理想

<haruka’s Point>
・軽め=ベースとコンシーラー、パウダーで仕上げ!だけど日焼け対策はばっちり◎

STEP1:
下地はトーンアップ、血色感の出るものを全体に。
<haruka’s Point>
通勤時のちょっとした時間、お子様との公園遊び、など色んな場面で紫外線を浴びています

②、③がおすすめ。肌の弱い方は①から試すのが良いでしょう。

①散歩やお買い物などの日常生活は SPF10〜20、PA++
②屋外での軽いスポーツやレジャーの場合は SPF30以上、PA+++
③炎天下でのお出かけやマリンスポーツなどには SPF50以上、PA++++


塗布した方はトーンアップしています◎

STEP2:
夏の大敵、”ヨレ”を防止するために水を含ませたスポンジで叩きながら馴染ませます
<haruka’s Point>
・より密着して崩れにくく&自然なツヤ感がでます
・スポンジはキメの細かいものがおすすめ!

STEP3:
コンシーラーで気になる部分をカバー。肌色より少し明るい色がおすすめ。

STEP4:
最後にパウダーで仕上げ。全体をおさえるようにふんわりのせます。
<haruka’s Point>
・パウダーも紫外線防止効果のあるタイプがおすすめ。

STEP5:
完成!(ベース)
汗や湿気でヨレやすい時期は、いつも以上に厚塗りを避け、
しっかりと肌が呼吸できるようにサラッと仕上げつつ、対策のできるアイテムを選ぶのが重要に。
夏時期だけ数値の高いものにしたり、使い分けるのも美肌への一歩です♪


<使用アイテム>
ベース:ラロッシュポゼ プロテクショントーンアップ ローズ SPF50+ PA++++
コンシーラー:イプサ クリエイティブコンシーラー SPF25 PA+++
パウダー:ナチュラグラッセ UVパウダーコンパクト SPF50+ PA++++

2.イエロー×レッドの組み合わせ

STEP1:
アイブロウはふんわり軽めに。イエローのパウダーでポイントに◎
最後はブラウンでニュアンスを足し、アイブロウマスカラで毛を明るくして仕上げ。

<haruka’s Point>
・ベースが軽めで眉毛が濃いとアンバランスなので、ふんわりと。

STEP2:
アイシャドウはイエロー。指で瞼全体にのせます。

STEP3:
レッドカラーのシャドウをきわにのせ、イエローのシャドウに重ねるように広げます

<haruka’s Point>
・イエローシャドウのみでは今年はちょっぴり古く見えがち。赤みを重ねて新鮮さをプラス。

STEP4:
下瞼はベージュのラメシャドウを黒目下の中央から左右に。”大人の洗練された涙袋”を。

<haruka’s Point>
・マスクも意識し、顔の下のバランスをとるために下瞼に塗ることも大事なポイントです!

STEP5:
アイラインは主張しすぎないオレンジブラウン、マスカラはブラウンで馴染みよく。

STEP6:
チークはほほ骨に沿うように指先で馴染ませます。

STEP7:
リップはハーフマットなピンクをチョイス。
<haruka’s Point>
・目元がキラキラ多めなので、リップで少し抜け感を。色もツヤも主張しすぎに注意。

STEP8:
完成!

ヘアは毛先ワンカール。
毛先だけでなく、根元から全体にしっかり熱を通すと梅雨時期の湿気にも負けにくくなります◎
特に前髪は内側からしっかりと熱を通しましょう。

秘密兵器登場!
特に湿気の多い梅雨時期はせめて前髪だけでもカールやストレート感を守りたいですよね。
そんな時はヘアスティックを前髪に。
あほ毛と呼ばれる毛を押さえる用途で販売されているのを見かける”アレ”です♪
<haruka’s Point>
・内側からつけるのがキープ力をあげるポイントです◎


紫外線対策をしっかりしているのに、白浮きや厚塗りこってり感を感じさせない爽やかさ。
紫外線はあるけれど、お日様に当たるのは気持ちがいいですよね♪
新緑に癒されるお散歩をするために、まずは紫外線対策です◎

KEEP SMILING Tシャツ

ドット柄 切り替え スカート


<使用アイテム>
アイブロウ:Kパレット ラスティングツーウェイアイブロウ 02
アイブロウパウダー:PARISBROW パーフェクトアイ&ブロウ 01イエローブラウン
アイブロウマスカラ:Kパレット ニュアンスブロウマスカラ 02
アイシャドウ:SHISEIDO ポップパウダージェルアイシャドウ 13 Kan-KanGold
アイシャドウ:SHISEIDO ポップパウダージェルアイシャドウ 06 ViviviOrange
アイシャドウ:エクセル アイプランナー G 02(カンパネラ)
アイライナー:セザンヌ ジェルアイライナー 60オレンジブラウン
マスカラ:ヒロインメイク マイクロマスカラ 02
チーク:スナイデル アクアジェムティント 01
リップ:B IDOL むっちリップ 01こっそりピンク

ヘアスティック:ミルボン エルジュータ ポイントケアスティック
※写真は下部にあります

3.暑い時期の寒色合わせが特別感

ブラウン×寒色×パープルの夏メイク♪

STEP1:
アイブロウはモーヴ系の色味を足していきます。

<haruka’s Point>
・アイメイクや洋服に合わせてアイブロウの色も変えていくのがおすすめ!

STEP2:
ベージュブラウンのアイシャドウを上瞼、下瞼に指でのせます。

STEP3:
目頭側Cゾーンに寒色のブルー系シャドウをプラス

STEP4:
アイラインはネイビーをチョイス。目尻にスッと引きます。

STEP5:
マスカラはダークパープルでいつもと違う特別感を。

STEP6:
チーク、リップは2と同じ

STEP7:
完成!


寒色のブルー合わせで目元により透明感が増した印象に。
襟元のお花の透け感とチュールスカートの軽快な雰囲気が相まってこの時期らしい爽やかな
大人エレガンスコーデの完成。

対策はしていても、それでも勝てない湿気にはまとめ髪がいちばん!
気になるヘアアレンジはコチラ!


花襟 オーガンジー ブラウス

NEW チュール ロング スカート


<使用アイテム>
アイブロウパウダー:セザンヌ ノーズ&アイブロウパウダー 05
アイシャドウ:CILY EYES ON ME No.250 #ROSEMARY
アイシャドウ:エクセル アイプランナー D 02(ミスティレイク)
アイライナー:DAZZ SHOP マルチプルーフラスティングリキッドアイライナー ミッドナイトブルー
マスカラ:エテュセ アイエディション マスカラベース 03ミスティライラック

メイクのキープ力を高めてくれるスプレーにもUVカット効果のあるものを。
メイク完成後にシューっと一振り。

そして、ヨレたり、テカったりしている部分にさっとひと塗りできる便利アイテム。
馴染ませた後、パウダーもプラスすれば朝の状態に元通り◎


キープスプレー:shushupal UVカット&メイクキープスプレー SPF50+ PA++++
リタッチスティック:shushupal UVカット&リタッチスティック SPF50+ PA++++

メイクはそのまま、ダウンヘアにしたお出掛けコーデ。
軽快な印象からまたガラっと変わって清楚なイメージに。
このメイクならあのコーデが合いそう♪とメイクから考えるファッションも楽しそうですよね。

スカラデザイン ニット ボレロ

花柄 リングレース襟 シフォン ワンピース

実は、髪の毛にもUV対策をしています!
髪の毛の方が紫外線を直接、そして長時間浴びています。
なんだかパサついてるな~なんて時は髪の毛が日焼けしているのかもしれません。そうなる前にプシューっと対策を。


ヘアスプレー:ミーファ フレグランスUVスプレー SPF50+ PA++++
ヘアスティック:ミルボン エルジュータ ポイントケアスティック

まとめ:
マスク×湿気の時期は本当に気分が滅入りますよね。。それに加えて紫外線だなんて、、。
いいことなんて何もない!なんて気持ちがメイク&ファッションでそんな気持ちが少しでも晴れやかになりますように。
ここで学んだ紫外線対策の色々を活かして、楽しい毎日に♪
アトリエはるかJointSpaceでお手伝いさせていただければ幸いです。


担当Artist

佐藤 敦俊
ヘアメイクアーティストのアシスタントを経て2004年にアトリエはるかに入社。
その後アパレルブランドの専属アーティストとして上海を拠点に中国全土、香港で活躍。
アパレル販売員へのヘアメイク研修やイベント、ショー、撮影などに携わる。2015年に帰国。現在は、TV、広告、セミナー等幅広く活動。
Instagram

Joint Space PRESS [chika]

158cm、骨格ウェーブ。おすすめアイテムを発信中!ぜひご覧ください♪
Instagram





レディースファッション通販サイト:ジョイントスペース

関連記事一覧