バイカラーってなに?

ファッション用語

バイカラーってなに?

ファッション雑誌などでよく目にするバイカラー(bicolor)

バイカラーとは、「ふたつの色」という意味で
1つのアイテムの中に2つの色を使っているもののことを指します。

2色配色のため、色の配分で印象が異なってきます。
50%ずつの割合より、どちらかの色がアクセントとして使われることが多い傾向です。

似た意味で「ツートーン」(twotone)という言葉もあり、意味合いは同じですが
トレンドに入ったこともあり、近年ではバイカラーが主流になってきました。

この秋冬、あなたもバイカラーをコーデに取り入れてみませんか?

おすすめのバイカラーアイテムをご紹介します。


1.品のある配色デザインで、上品レディにリラックス

ニット カーディガン バイカラー

ザ・バイカラーと言えるほど2色の配色が効いているカーディガン。

黒がアクセントとなり、全体の雰囲気が引き締まりますね。

Liala×PG


2.淡いカラーで優しい印象に

カーディガン スカラップ バイカラー

淡いブルーとホワイトの爽やかバイカラー。
2色の濃淡差が少ないと柔らかい印象になります。

スカラップデザインも相まって、カジュアルながらもフェミニンなコーディネートにぴったり♡

and_cherim

 


3.さりげなく色の変化を


ワンピース カシュクール ハートネック

こちらは袖と身頃を同系色の中でバイカラー仕様に。
トーンが揃っていると統一感がでます◎
さりげなく、でもどこか変化を加えて。

le reve vaniller

〇〇〇
まとめ
〇〇〇

いかがでしたか?
アクセントで取り入れるも良し、統一感ですっきり見せるも良し、
様々な色合いのバイカラーコーディネート、楽しんでくださいね♪

その他のバイカラーアイテムはこちらからご覧いただけます。



レディースファッション通販サイト:ジョイントスペース

関連記事一覧