袖コンシャスとは?

袖コンシャスとは?
アイテム別

よく聞く「袖コンシャス」って、どういう意味?

袖コンシャスって聞いた事ありますか??

コンシャスは英語で【conscious】日本語では「意識的な」という意味の形容詞。

袖+コンシャスで「袖コンシャス」つまり「袖に意識が集まるような、袖に特徴があるようなデザインの」という意味の造語です。

ギャザースリーブ、バルーンスリーブ、パフスリーブ、キャンディスリーブなどを総称したものが袖コンシャスとなり、同様に盛り袖・ボリューム袖とも呼ばれます。

細かい定義はない袖コンシャス

この機会に色々な袖コンシャスアイテムを見てみましょう!


1.フェミニンなボリュームスリーブ



ブラウス レースフリル le reve vaniller

ブラウス レースフリル


肩から袖にあしらったコットンレースのフリルがフェミニン♡
袖にボリュームがあるので、腕周りもさりげなくカバー。
ボリュームスリーブで目線を上に上げることで
パンツと合わせてもスカートと合わせても
バランスよく仕上がります。

le reve vaniller


2.コーディネートの主役になるバルーンスリーブ



ブラウス バルーンスリーブ ウエストタック Prima Scherrer

ブラウス バルーンスリーブ ウエストタック


ボリュームたっぷりで豪華な印象のバルーンスリーブブラウス。

ボリューム感のあるバルーンスリーブはよりインパクトが出るので、個性を引き立たせたいようなときにおすめです。

同色のボトムスを合わせてワントーンに仕上げるとボリュームがあっても程よいバランスの印象にも。

Prima Scherrer


3.華奢見せ効果もあるふっくらパフスリーブ



ニット 襟付き ブレードトリミング Liala×PG

ニット 襟付き ブレードトリミング


肩先や袖口にギャザーやタックを入れて、ふんわり丸く膨らませたパフスリーブ。

肩まわりや二の腕のラインが隠れて、全体的に華奢に見えるというメリットも◎

控えめなボリューム感のパフスリーブでフェミニン感もUP♪

Liala×PG


4.ふっくらとしたチューリップスリーブで可愛らしいシルエットに。



ブラウス アシメパール チューリップ袖

ブラウス アシメパール チューリップ袖


ペタル・スリーブとも言われる、花弁を多重に重ねたような袖のデザインがチューリップスリーブの特徴。

ひらりとした動きのあるフレアなチューリップスリーブは気になる二の腕もさりげなくカバー。

華やかさも出るので、リモートワークやオンライン会議にもおすすめです。

Liala×PG


5.雰囲気を変えられるドロストスリーブ



ワンピース フラワー ドロストスリーブ le reve vaniller

ワンピース フラワー ドロストスリーブ


ドロストとは、ドローストリング(drawstring)の略で引っ張る紐がついたデザインのこと。

ドロストスリーブは、紐の絞り具合で袖丈の調節やふんわり感を変えられるので、季節の変わり目にも使いやすい♪

le reve vaniller

〇〇〇
まとめ
〇〇〇

最後までお読みいただきありがとうございます。今回は袖コンシャスなアイテムをそれぞれの袖の名前や違いとともにご紹介いたしました。

この秋冬は、是非お気に入りの袖コンシャスアイテム見つけてみてくださいね♪



レディースファッション通販サイト:ジョイントスペース

関連記事一覧