”フロッキー”って何??

”フロッキー”って何??
ファッション用語

フロッキー素材ってなんだろう?

「フロッキー素材」、あまり耳にしたことないかもしれませんが、
触ったことはあるかもしれません。

もとは生地を加工する「フロック加工」からきています。

柄などを出したい部分に接着剤や樹脂を塗布し、
静電気を発生させて繊維の毛羽を植え付ける加工を施して「フロッキー素材」が生まれます。

毛羽はベルベットのような触り心地で、エレガント、フォーマルなデザインに多く使われてきましたが、
柄が自由に作れることから、近年はカジュアルアイテムにも多く見られるようになり身近な素材となりました。

プリントと違い、柄に立体感が出るのでより華やかな演出ができる素材です。

今回はフロッキー素材の定番、「ドット柄フロッキー」アイテムをご紹介します。


1.シフォン×フロッキー



ニット チュールドット スリーブ FEERICHELU

ニット チュールドット スリーブ


袖の素材に注目してください。

ぽつぽつとドット柄になっている点々、
これがフロック加工によってつけられた細かな毛羽からなる点です。

プリントと違い、ドットの表情がより表現されています。

FEERICHELU


2.チュール×フロッキー



スカート ドット チュール ロング丈 Liala×PG

スカート ドット チュール ロング丈

ソフトチュールにフロック加工をしています。

ウェディングなどのシーンで多く使われていた素材ですが、
チュールスカートの流行とともに、フロック加工がされた生地を使用したものも多くみられます。

エレガントさの中に、カジュアルさがプラスされて、日常に取り入れやすくなりました◎

Liala×PG


3.サテン風×フロッキー



ワンピース フロッキー ドット ボウ リボン ロング Prima Scherrer

ワンピース フロッキー ドット ボウ リボン ロング


こちらはネイビー×ブラックの配色フロッキーです。

さりげなく浮き上がるフロック部分がエレガントさを際立てますね。

1とは異なり、透け感がない生地でのフロック加工はしっかりとして落ち着いた印象になります。

Prima Scherrer

〇〇〇
まとめ
〇〇〇

フロッキー素材、見覚えありましたでしょうか?

2021年、流行柄でもあるドット柄。プリントとはまた違う見え方になりますよね。

花柄、チェック柄、、、様々な柄のフロッキー素材がたくさんあり、触り心地、立体感もそれぞれ異なります。

ぜひ、市場でもチェックしてみてくださいね。



レディースファッション通販サイト:ジョイントスペース

関連記事一覧