macoto×エシカルファッション~おしゃれを楽しみ続けるためにできること~

特集ページ

サステナライフのコツは「自分らしく楽しむこと」

Joint Spaceでは、サステナブルなライフスタイルを送る女性たちに「エシカルファッション」についてインタビュー。

今回お話を伺ったのは、インフルエンサーのmacotoさん。
Instagram、YouTubeでの、シンプルカジュアルなファッションやナチュラルビューティーに関する発信で同世代を中心に支持を集めています。

そんなmacotoさんに、自分らしくサステナブルなライフスタイルを取り入れるコツや、地球環境のことを考えながらお洒落を楽しむ秘訣についてお話を伺いました。

P R O F I L E

macoto/インフルエンサー

InstagramをはじめSNSを通じファッション、ビューティー、ライフスタイル発信を行う。
シンプルカジュアルなファッションスタイルは、同世代を中心に支持を集め、
2020年からスタートしたYouTubeチャンネルも話題となっているいま注目のインフルエンサー。

――macotoさんが環境問題に興味を持ったきっかけは何でしたか?
私は佐賀県の海沿いの方の出身で、海がずっと身近な存在でした。
家の近くの海水浴場ではビーチクリーンなどが行われていたのを見ていたので、東京へ着た際に海へ流れ着いているゴミの量を見た時はとてもショックを受けましたし、地元や大好きな海外の海の色が変わってしまうのは嫌だなと感じています。

出典:@__macoto

――Instagramではエシカルファッションを上手に取り入れているmacotoさん。エシカルファッションで意識していることやスタイリングのコツなどはありますか?
環境に配慮して作られたお洋服を選ぶことは、自分の気持ちへの影響が大きいなと思います。
そのお洋服を買う選択をした自分、そのお洋服を選択したことによって自分が環境に与える(良い)変化など、様々な背景まで考えると、着ていて気持ちが良いなと感じます。

この「ホールガーメント®」で作られたカーディガンも、サステナブルな工程で作られているので、着心地はもちろん、着ていて気分も上がります。

撮影:macoto

お洋服のデザインに関しては、柄物や色物はあまり選ぶことはなく、シンプルなものばかりですね。
流行に左右されずすっと着られるシンプルなデザインのものが”サステナブル”という観点においても良いなと感じています。

またファストファッションを取り入れていた時は、流行りの柄や形にすぐ挑戦していたのですが、そういったものは飽きて着なくなってしまうので、最近は質が良く、長く着られるものを選ぶことが多くなりました。
ファストファッションを取り入れる機会は自然と減り、古着やヴィンテージ服にも以前より興味を持つようになりましたね。

コーディネートを組むときは、身長が152cmなので、スタイリングをする際は身長が高く見えるよう、バランスを取ることを常に意識しています。
ヒールはあまり履かないのですが、ボトムはハイウエストのものを選んだり、ウエストインするのが定番となっていたり、ボトムが緩い時はトップスをタイトなものにしたりしています。

出典:@__macoto

――macotoさんが最近注目されているエコなモノ・コトなどはありますか?
エコバッグやマイボトルは当たり前のものになっているので、最近は家庭内でもなるべくゴミを出さないようにする意識を持っています。
普段料理をする際に蜜蝋でできたラップを使用したり、スーパーに設置してあるポリ袋を使用しないようにしたり、自然に流しても悪影響がなく詰め替えなども可能な洗剤に変えたりしていますね。

エコなモノ・コトの情報に関しては、SNSで目に入ってくるものが多いのですが、なんとなくの情報でしか知らないなと感じることも少なくはないので、本を買ってみたり、自らリサーチを重ねたりするようにして正しい知識を知るようにしています。

出典:macoto channel

――YouTubeでオーガニックコスメのご紹介などもされていますが、コスメや美容品も自然由来のものを選ばれることが多いですか?
もともとオーガニックコスメは好きで使用していたのですが、いまは商品を選ぶ際は成分だけではなくブランドの背景、パッケージの素材、動物実験の有無なども見るようにしていますし、環境に配慮したブランドにお金をかけたいなと思いますね。

――最後に、自分らしいサステナブルなライフスタイルを送る秘訣などがあれば教えてください。
環境問題を考えることは、人に押し付けるものではないと思っているので、「しなきゃいけない」と思うよりも「やりたい」と思うことの方が大事だと感じています。

普段の生活を振り返ってゴミの排出量を見直してみたり、動物性の食べ物の量を完全に無くすのではなく減らすことから始めてみたり、まずは自分ができることから始めれば、サステナブルなライフスタイルを楽しいと感じられるようになるのではないかと思います。
今後は私自身、環境問題に関して興味を持つだけではなく、SNSでの発信などを通してより行動も起こしていきたいなと思っています!

◆macotoさんご着用アイテムはこちら◆

ニット パフスリーブ カーディガン 7分袖 ホールガーメント



レディースファッション通販サイト:ジョイントスペース

関連記事一覧