栗山遥×エシカルファッション~おしゃれを楽しみ続けるためにできること~

特集ページ

「必要なモノだけに囲まれた生活は、自分らしさや活力を与えくれる」

Joint Spaceでは、サステナブルなライフスタイルを送る女性たちに「エシカルファッション」についてインタビュー。

今回お話を伺ったのは、ヨガインストラクターの栗山遥さん。
ヨガインストラクターとしての活動に加え、InstagramをはじめSNSではヘルシーなライフスタイルを発信し、自然体なファッションやオーガニックビューティーなどを楽しむ姿が憧れの的に。
また、環境問題に関する発信においても注目を集めています。

そんな栗山遥さんに、自分らしくサステナブルなライフスタイルを取り入れるコツや、地球環境のことを考えながらお洒落を楽しむ秘訣についてお話を伺いました。

P R O F I L E

栗山遥/ヨガインストラクター

ヨガインストラクターとして活躍するほか、
SNS・メディアを通しサステナビリティをはじめヘルシーなライフスタイルを発信。
自然体なファッションスタイルやオーガニックビューティーをはじめ、同世代を中心に支持を集める。

ーー栗山さんはInstagram・コラム連載等を通してサステナブルなライフスタイルの発信をされていますが、環境問題に対して興味を持ったきっかけは何でしたか?
2年前くらいから1年を通してサーフィンをするために海に行くようになったのですが、その際、海洋プラスティックの問題を自分の目で見るようになったのが環境問題に興味を持ったきっかけでした。
プラスティックゴミが海に流れているのを実際に自分の目で見た時の衝撃がとても大きかったです。

出典:@harukakuriyama

また、私の祖父母からの影響も大きかったと思います。
ジャムや餅、あんこなど、既製品を買わずに一から作るといった、自給自足のような生活をしているのを見て育ってきたので、子供の頃から、自然と寄り添って暮らす意識がありました。

――環境問題に対し感じていることや実際のアクションなどについてご発信されている栗山さん。環境問題に関する知識はどのように勉強されていますか?
基本的には独学で勉強しています。
色々な情報が手に入る時代だからこそ、信頼できる情報の取捨選択をするにもリサーチを重ねたり、本を読んだり、動画を観たりすることで、日頃から(環境問題に関する)情報に対しアンテナを張っています。
常に色々な情報が入ってくるようにすることで、たくさん情報が集まれば集まるほど判断材料になるのかなと思います。

撮影:栗山遥

――「サステナブル」という点でお洒落を楽しむ際、どのようなことを意識していますか?
「サステナブル」というテーマについては、難しく考える必要は全くなく、いま何を持っているのか、何が必要なものなのかということを把握することが大事だと考えています。
なのでお洋服に関しては、今回着用しているカーディガンのような、なるべく着回しが効くものを選ぶようにしていますね。
デニムは決まったものを何年も穿いていたり、シンプルな形・色のものを選んだりすることが多いかなと思います。

出典:@harukakuriyama

――栗山さんはオーガニックコスメについても発信さていますが、オーガニックコスメを選ぶ際も環境への配慮については見られていますか?
「買う」という行動に伴って発生する環境への影響については、すべてのモノに対して大事にしている観点なのですが、コスメであれば、そのコスメに使用されている素材、パッケージに使用されている素材、ブランド理念・スローガンなどは見るように見ています。

コスメにかかわらず、食べ物など、化学肥料や農薬を使わないというだけで環境への負荷が少ないですし、土地に与える影響、消費者である私たちや原料となる植物を作る人の健康被害、土壌・水質汚染の防止など、良い循環に変えることができます。
地球環境全体のことを考えた時に、出来上がった製品だけではなく、原料が作られるところからパッケージされて、私たちがモノを使い終わって捨てるところまでの一連の流れを考えることはすごく大切なことだなと思います。

出典:@harukakuriyama

――最後に、自分らしいサステナブルなライフスタイルを送る秘訣などがあれば教えてください。
まずは、ひとりひとりが日常のふとした瞬間に、自分のライフスタイルの中で地球環境のために何ができるのか、立ち止まって考えてほしいなと思います。
マイボトルやエコバッグを持ち歩いてみる、元々野菜が好きな人は動物性の食事をなくす意識を持ってみる…それぞれのライフスタイルによって取り入れることができることは変わってきます。
自分にとって今本当に必要なモノは何か、普段消費しているモノはどのようなストーリーを経て作られているのかを考えることが大事かなと思います。

また、自分の周りにどれだけたくさんのモノがあったとしても、要らないモノに囲まれた生活って自分の心を満たしてあげられないと感じています。
なので、「価格が安いから」「いつか使うかもしれないから」などの理由で不要なものを買わず、本当に自分が欲しい・必要なモノだけに囲まれた生活は、自然と自分らしさや活力を与えてくれて、自分らしい充実した生活を送ることに繋がりますし、そういったライフスタイルも1つの「サステナブル」の考え方だと思っています。

◆栗山遥さんご着用アイテムはこちら◆

カーディガン ニット リブ



レディースファッション通販サイト:ジョイントスペース

関連記事一覧